ヒメダテハゼ

ヒメダテハゼ

ヒメダテハゼ
石垣島・八重山の砂底の主種。

石垣島・竹富島・黒島・・。何処の砂地でも彼らの姿を見ない場所は無いかもしれません。
いつでも小さな穴の傍らで、近づくものに警戒して見張りをしています。
穴にはテッポウエビと呼ばれるエビが住んでいて、彼らは絶えず穴を掘って暮らしています。
その穴で居候をしているのがヒメダテハゼです。
居るだけだと追い出されかねないので、ハゼは見張り役をやっているのだと思うのだけど、
エビはエビでペットを飼っている気分で一緒にいるのかも。

サンテンのコース一覧

シュノーケリングの器材レンタルからツアーまで。