石垣島シュノーケリングロゴ 石垣島シュノーケリングサンテンお問い合わせ 
シュノーケリングとは?-シュノーケリングで石垣島のサンゴ礁の海を眺めよう。              石垣島シュノーケリングサンテンの電話番号0980-87-8977        
石垣島シュノーケリングサンテンのメールアドレスreservation@san-ten.net  
石垣島シュノーケリングサンテン 石垣島でシュノーケリング 石垣島で体験ダイビング 石垣島シュノーケリング器材レンタル 石垣島シュノーケリングサンテンの予約状況 石垣島シュノーケリングサンテンのスタッフ及び施設
石垣島のシュノーケリング一日シュノーケリング
午前半日(幻の島)
午後半日(マンタ/ウミガメ)
貸切(チャーター船)
石垣島の体験ダイビング一日体験ダイビング
午前半日(幻の島)
午後半日(マンタ/ウミガメ)
石垣島でシュノーケリング器材レンタルシュノーケリングセット
石垣島シュノーケリングサンテンの予約状況予約状況
予約フォーム
石垣島シュノーケリングサンテンスタッフ・施設

石垣島のシュノーケリングポイント
シュノーケリングで見られる魚たち



1.内側に水着着用。
2.履物はサンダルや
 クロックスなど。
3.濡れてもいいTシャツや
 長袖シャツなど。
4.髪は括れた方が良し。
5
.バスタオル。
6
.日焼け止め・酔い止め。
シュノーケリングとは
マスクとシュノーケルをつけて水面に浮かび、水中を観察する。これがシュノーケリングの基本です。息継ぎをする必要が無く、ウェットスーツやライフジャケットで体も浮くので、水泳が出来ない人でも楽しむことが出来ます。陸上世界とは全く違った、映像などでしか見たことが無かった世界が眼前に広がり、楽しめること間違いなし!でも、海の中のレジャーですから甘く見るのは危険です。しっかりと安全対策を立てて楽しみましょう。
小さなお子様から大人まで。
3歳から80歳まで楽しめるのがシュノーケリングです。体力に合わせてゆっくりと水面漂い、様々な水中の景観を見下ろせます。素潜りを主とするスキンダイビングも出来ますが、何も挑戦することなく心が赴くままに生き物観察をすれば本当にリラックスできます。
石垣島では360種類くらいのサンゴが分布生息しているそうです。日本でも屈指の海中環境を目前にして見に行かないのはもったいないですよ♪さぁ、遊びに出かけましょう。

シュノーケリングで出来ること、出来ないこと。
シュノーケリングはシュノーケルを使って水面からの空気を吸いますので、水中に潜っては呼吸を続けることが出来ません。ですので、上級者で無ければ長く水中に留まって生き物を観察することが難しいです。水底のイソギンチャクなどに居るクマノミなどを観察したい場合は体験ダイビングがお勧めです。しかし、水面でリラックスして、ゆらゆらと揺られながら、全身で自然を感じるのはシュノーケリングのほうが得意かもしれません。力を抜いて耳を澄ませば、波の音はもちろん海老がハサミをたたく音「パチパチ」という音や、ブダイがサンゴをかじる「ガリガリ」という音など様々な音も聞こえてきますよ!
シュノーケリングで守って欲しいこと。
シュノーケリングは気軽なスポーツですが、一人で行うことは絶対にやめましょう。複数で始めたのに単独行動することも厳禁です。慌てて不意に水を飲んだなど思わぬトラブルが大きな事故に繋がりかねません。様々なトラブルが起きても、近くにガイドや仲間が居れば簡単にトラブルから回復することが出来たりします。また、浮力を確保するためにライフジャケットかウェットスーツは着用するようにしましょう。足がつっても浮いていられますし、疲れても立ち泳ぎをする必要がありません。様々な場面で浮力があることが役立ちます。当店のツアーではもちろん無料でレンタルしています。
サンゴを大切に。
私達がシュノーケリングで一番見て欲しいのがサンゴ礁とそれを住処にして群れ泳ぐ熱帯魚達です。一斉にサンゴ礁に逃げ込む魚達の動きやまるでサンゴを縫うように泳ぐ姿はずっと見ていても飽きません。
シュノーケリングは水面に浮いているので比較的海中環境に影響の無いレジャーですが、干潮時では浅い所で生育するサンゴ礁をフィンキック等で蹴って折ってしまう可能性があります。夢中になりすぎて、あまりに浅い場所でサンゴを傷つけないように気をつけましょう。
石垣島でシュノーケリング!(TOP)シュノーケリングって何?石垣島サンテン